虫歯・歯周病治療

当院の虫歯治療

虫歯や歯周病などの治療で一度削ってしまうと、歯は二度と再生しません。また、削って詰め物やかぶせ物の治療をすると、その隙間から汚れが入り込んでしまうことがあり、虫歯や歯周病を再発させるリスクが高まってしまうのです。

そこで当院では、「なるべく削らない・抜かない」、保存的な治療を心掛けています。通常、虫歯が見つかったら削って詰めるという治療を行いますが、虫歯の進行状態によって歯磨きやクリーニングで改善が見込める場合もあるのです。当院では、削る必要のない虫歯は経過観察をしながら改善をめざしています。

当院の歯周病治療

お口の中に汚れが溜まると、歯ぐきに炎症を起こしてしまいます。それが悪化すると、歯を支える歯槽骨を徐々に破壊していき、最終的に歯を失ってしまうのです。これを歯周病といいます。現在歯周病は、歯の欠損率の原因第一位とされていて、成人の約8割がかかっている病気です。

そんな歯周病は、炎症の原因となっているお口の中の汚れを除去し、お口の中をキレイな状態に保つことが何よりの治療法といえます。歯のクリーニングを行い、毎日のご自宅でのケアも欠かせません。そのためには、予防歯科の大切さを患者さんご自身にご理解いただき、根気よく治療に取り組んでいただく必要があるのです。

当院ではまず、予防の大切さをしっかりとお伝えし、ご理解いただくことからはじめています。毎日の予防に関しては、一回クリーニングをすれば治るといったものではありませんから、患者さんそれぞれのライフスタイルや性格に合わせた予防方法を考え、丁寧にご指導していきます。そうして、まずは、予防の重要性を患者さんご自身に実感していただくことからはじめています。

予防の大切さ

お口の中を健康な状態に維持することを目的とした予防歯科を定期的に行うことで、10年後、20年後の将来が大きく変わってきます。生涯、ご自身の歯で噛んで快適なお食事を楽しんでいただくためにも、当院では患者さんに、予防の大切さをきちんとお伝えしています。当院に入れ歯の治療で通われている患者さんは、「もっと早く予防歯科の存在を知っていれば、入れ歯で苦労することもなかったのか」と後悔されている方も多くいらっしゃいます。そういった実際の患者さんのお声も交えながら、予防の重要性をご理解いただけるように時間をかけてお話をしているのです。

もちろん押しつけはしていません。「1日3回、時間をかけて歯磨きをしてください」とお話しても、患者さんの生活習慣によってはどうしても難しい場合だってあります。それでは続けることなんて不可能ですよね。予防は、生活の中にきちんと組み込まれるものでないと意味がないのです。患者さんのお話をお伺いしながら、無理なく継続していける方法を一緒に考えていきたいと思っています。

スタッフブログ
TEL:044-798-8811