スタッフブログ

2019.04.22更新

こんにちは!宝田歯科医院です。

 

春の恒例行事、母校での歯科検診に行ってきました。

毎年、入学したての中学一年生に出会えます。

真新しい体操着の初々しい姿。

微笑ましい光景に心が和みます。

sakura

検診をしても、まだまだ、乳歯が残っている子も多く、

お口の状態は、「子供のお口」です。

一方、高校生も後半になると、

「大人のお口」になってきます。

状態が違えば、問題も対応も違ってきます。

「子供のお口」は、生えたての歯が多く、虫歯になりやすい時期です。

生えたての歯は、唾液から栄養を取り込み、少しずつ強くなっていきます。

このお手伝いをするのがフッ素です。

この時期の主目的は、虫歯予防になります。

定期的なフッ素塗布が効果的です。

「大人のお口」では、虫歯の他に、歯周病が問題になってきます。

定期的な歯石除去と細かいブラッシング管理が大切です。

目的が違えば、磨き方も変わってきます。

学校検診で問題はなくても、この機会を、

歯科に受診するきっかけにしてはいかがでしょうか。。

投稿者: 宝田歯科医院

スタッフブログ
TEL:044-798-8811